スポーツの魅力をたっぷりと♪

もっとスポーツを楽しもう!

市民の団体競技にスポットを当てて、いろいろなスポーツを紹介してきました。ママさんバレーの熱い戦いもあれば、中学や高校で行う部活もあります。スポーツ少年団からプロ野球そしてメジャーリーガーへの道も開けています。オリンピックではメルボルンの流血戦というように、国の威信をかけて国の誇りをかけて選手達がプレイします。競技を通じて祖国の人たちに訴えることができるのも、スポーツの魅力です。

観客もメンバーのひとり

競技をしている選手達に、熱いエールをおくる観客も立派なメンバーのひとりだといえるでしょう。なぜなら、観客の声援があればこそ選手のプレーを後押しする大きな力になるからです。観客の応援を背にすれば、選手はエールを大きなエネルギーに代えていつも以上の力を発揮することができるでしょう。

各地で自治体ぐるみで、子供のうちからスポーツに取り組むという市町村もあります。スポーツ少年団などは親の手助けが不可欠になりますが、そこが子供の居場所となり子供が熱心に取り組む姿をみて、また親も学ぶことがあるのでしょう。地域ぐるみで取り組むことで、もし学校に居場所がない子供がいたらスポーツの場所が心の拠り所になり、非行に走ることなく若いエネルギーをスポーツにぶつけることで、才能を大きく開花させることにつながるかもしれません。

あまり知られていないスポーツでも、迫力満点の面白みのあるジャンルのスポーツが沢山あります。最初はかわいいユニフォームが魅力で始めてみたら、とんでもなくハードだったと思いながらも面白さに目覚めることもあります。スポーツに興味を持つ入り口が、どんな理由であっても興味を持つことが大事なことになります。メジャーなスポーツだけが、スポーツではなくてそして強豪チームの華麗なプレイももちろん楽しい試合観戦になりますが、楽しみながらプレイしている様子は見ていても楽しいものです。

勝敗にこだわることもとっても大事ですが、勝敗にこだわらない楽しみ方もあるのがスポーツの魅力ではないでしょうか。よく引退した選手たちが口にする「これからは自分がしてきた競技に恩返しをするつもりで、取り組んでいきたい」という言葉がありますが、競技を通じていろいろな事を学んできたから出てくる言葉だと思います。

そして競技を観戦する側としても、選手たちの力を後押しするメンバーのひとりだと思って観戦すると応援にも力が入ります。やじを飛ばすのはまた別ですが、ふがいない戦い方をすればブーイングが出るのももっともなことで、見事なプレイをすれば惜しみない拍手というように観客もメンバーの一員だなということを痛感します。

小さい子供からお年寄りまで楽しめるスポーツもあるので、まだ知られていないスポーツもどんどん積極的に見ていきましょう。メジャーなスポーツだけがスポーツではないからです。